医食同源

医食同源

中国では医食同源と言う言葉があります。日常の食生活で病気を予防し治療すことです。また、腹八分目が 健康に良いと言ういい伝えもあります。昔は機械も無く重労働で労働時間も長く、それでいて食生活は貧しいものでした。それでも腹八分目が健康に良いと言われていましたね。現在は重労働は機械がして労働時間も短く、それでいて食生活は食品の種類も多く調理法も変わり高カロリーの食べ物が多くなりました。それを考えると腹六分目ぐらいが今では丁度いいと思います。多くの方が食べ過ぎていると思います。家庭の中での重労働は皆無に等しく軽作業もほんの少しです。食べる量と内容を考えて食べないとメタボになってしまいます。なって当然ともいえますね。ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーの差できまりますから、この原則から言えば簡単なことに思えます。


 
エピレ 吉祥寺脱毛 渋谷脱毛 胎児 中絶費用 エルセーヌ 大阪